SES協力の図鑑が発行されました

 今年の3月31日に「(株)あかね書房」から小学校中・高学年から中学生を想定読者対象とする『よくわかる!記号の図鑑』全5巻(A4版・各48ページ)が発行されました。
 このシリーズの第4巻「文字、単位、学習、文化の記号」(木村浩監修)15頁「世界の言語」にエスペラント語が紹介されています。このページ画像を掲載します。ご覧下さい、エスペラント会話(挨拶)を挿絵で紹介しています。この挿絵に何と仙台エスペラント会の協力がありました。
 この挿絵になるまでの当会の関わり紹介します。
 今年1月21日に、塩竈市民図書館の岩舘副館長から手塚に電話があり、続いてメールをいただきました。
なんと『よくわかる!記号の図鑑』を編集・制作した(有)データワールドが、昨年、当会が同図書館で開催したエスペラント語パネル展を紹介した「ビルドフルーガス」のブログを見て、そこに掲載した「エスペラントで話してみよう すぐに使える4つの表現」の画像を新企画図書の挿絵に使用したいと図書館に依頼してきたのでした。
 この画像は会員の高田彩が作成したので相談したところ、画像の中に非営利利用は良いが、営業的利用は不可のフリーソフトを使用しているので、使用困難ということでした。
 そこで、こんな折角のエスペラント語紹介の機会を逃してはと、別画像を提案したいとデータワールド社に申し入れ、了承をいただきました。
 東北芸工大卒業の会員小野智香に改作を依頼し、二人の若者が会話している挿絵に直したものを提案し、対価をいただきました。その後、人物画像は発行図書のシリーズのなかで統一したデザイナーが行うということで、小野が制作した直接の画像は掲載されなくなりました。
 しかし、発行本の「画像協力、およびマーク・記号を管理している団体」リストには15ページの協力者として ●仙台エスペラント会●小野智香 の名前を掲載していただきました。
 なお、本ホームページでは小野が作成した画像は著作権がデータワールド社に譲渡された同書編集途中の画像ということで公開することができません。ご覧になりたい方は、別途連絡下さい。
このブログではあかね書房の承諾をいただき「記号の図鑑4」表紙と「エスペラント紹介ページ」画像を掲載しました。また、もともとの「エスペラントで話してみよう」の画像も掲載しました。
 なお、エスペラント語パネル展に展示した全部のパネル画像はサイズ縮小し、このホームページに掲載予定です。

表紙画像(本はA4版です)

見開きページの右ページにエスペラント紹介文と挿絵に挨拶会話があります。


 右がデータワールド社が塩竈市民図書館でのエスペラント紹介パネル展を紹介したビルドフルーガスのブログページに掲載したパネル画像

 この会話はJEI発行の「国際語エスペラントへの招待」24~25ページの会話(すぐに使える4つの表現)がもとになっていました。このメガネや髭が商用利用不可のフリーソフトが使われていました。


ブログ頁で古い日付のものは、このページの左下の「サイトマップ」の文字をクリックしてマップから追って下さい。

Mejlŝtono n-ro 265発行

                2018/01/28

2018年度総会・Z祭開催

2017年12月17日(日)サポセンで開催した。

Mejlŝtono n-ro 264発行

      2017/11/23

「ようこそ、Eへ」開催

       2017/11/18

Mejlŝtono n-ro 263発行

      2017/09/24