熊本地震対応

5月6日の運営会で熊本地震に対するSESの対応を協議しました。

4月14日の地震以来、手塚は5年前に熊本から支援いただいた方に支援要請があった物品を送付し、手持ちがなかった物品について、協力要請を行い、三瓶さんが対応して下さいました。また、熊本と交流のある庄子さんも物品を送っています。これらの活動に対し5年前全国からの義捐金により津波被災復旧復興資金を受けた髙田さんは義捐金を拠出しました。さらに1名の方が義捐金を会に振り込んで下さいました。

 これらを受け、SES運営会では次の決定を行いました。

今回の地震被災に対して、SESは会員に対し義捐金募集を行う。但し、JEIは5年前の様な対応は行わないとの情報があるので、集まった金額は熊本エスペラント会に直接、義捐金としておくり、熊本E会として活用していただく。

 この義捐金募集は5月29日発行のMejlŝtonoに掲載して会員に呼びかける。

ブログ頁で古い日付のものは、このページの左下の「サイトマップ」の文字をクリックしてマップから追って下さい。

サポセン/マチノワブースに出展

      2018/02/24

Mejlŝtono n-ro 265発行

                2018/01/28

2018年度総会・Z祭開催

2017年12月17日(日)サポセンで開催した。

Mejlŝtono n-ro 264発行

      2017/11/23

「ようこそ、Eへ」開催

       2017/11/18